第13回 プライマリー農業探検隊

寒風吹きすさぶ11月19日(日)、今年最後となりましたプライマリー農業探検隊を行いました。
この日は太陽が出ていたものの、山からの冷たい風が強く、ビニールハウスで暖を取りながらの作業となりました。

まず最初の作業は落花生の収穫。
ちょっと収穫時期が遅れてしまいましたが、夏に定植した落花生を掘り起こしました。

やはり、収穫が遅れたためか、ネズミなどに食べられた形跡が多数見受けられましたが、それでもぷっくりとした落花生が出てきました。

採れた落花生は、早速水洗いして鍋に投入!
そう、今回は茹で落花生を食べようと、鍋とコンロを持参したんです。
茹で落花生は、採れたての生落花生でしか味わえない貴重な一品なので、みんなにも味わってもらおうと企画しました。

落花生を茹でている間に、次の作業です。
オクラ、ピーマンなどの撤収。
すっかり枯れ枝になったオクラなどを次々と引き抜いて、マルチも取り除きました。

そうこうしている間に、落花生が茹で上がった模様。

採り残されていたジャガイモがあったので、一緒に鍋に入れて茹でちゃいました。
茹で落花生はほくほくしてとっても美味しく、隊員のみなさんも大喜びでした。

そして、最後の収穫。

聖護院大根、小カブ、水菜、わさび菜、スティッキオ、サンチュと、たくさん採れました。

今年は、8月の長雨で野菜の生育に影響が少なからず出た年ではありましたが、それでもしっかりと根を張り実を付け恵みをもたらしてくれたのは、野菜の力を尊重する自然栽培だからなのかなぁと改めて感じました。

今年は今回で終わりとなりますが、また来年同じ畑で野菜作りに取り組む予定です。
この畑は、来年はどんな顔を見せてくれるのでしょうか?
楽しみにそして野菜の力に助けられ、来年もまたみなさんにお会いできること楽しみに、静かに冬休みに入ります。
だてくふぁ~むさん、今年もお疲れ様でした、そしてありがとうございました。

2018年のプライマリー農業探検隊の予定はこちらです。
詳しいカリキュラムはこちらからダウンロードできます。

農園企画マネージャー<T.M.>

Pocket