第12回 プライマリー農業探検隊

11月5日(日)、12回目のプライマリー農業探検隊を行いました。

今回は、6月に植えたサツマイモを掘りました。
サツマイモは、ひめあやか、安納芋、シルクスイート、パープルスイートロードの4種類。
まずは、ツルの刈り取り。

掘る目印になるよう、少し根元を残し大きく伸びたツルを刈り取っていきます。

マルチを外したら、芋掘りスタート。

シャベルで大きく掘り起こし、ツルの根元を引っ張るとゴロゴロと芋が顔を出し、まさに芋づる式で丸々と太ったサツマイモが採れました。
芋掘り途中、かわいい野ネズミが飛び出すハプニングも!

乾燥を好み湿気に弱いサツマイモが、8月の長雨でうまく育っているかとても心配でしたが、心配を見事に裏切り、今までで一番の芋の太り具合と収穫量でした。

休憩をはさみ、次の作業は玉ねぎの定植。

玉ねぎは秋に苗を植え、翌春の収穫です。
通常の玉ねぎと、赤玉ねぎの2種類を、マルチをした畝に1本ずつ丁寧に植えました。

玉ねぎの定植の後、先月植えたニンニクが順調に芽を出してきたので、追加して植えました。

その後は、撤収作業。
ナス、シソなどを片付けました。

最後は収穫。
水菜、小カブ、ラディッシュ、大根、わさび菜、空心菜、スティッキオを収穫。

青物の他に、最初に掘ったサツマイモももちろんお持ち帰り。
サツマイモは2~3週間ほど置いた方が甘みが増すので、すぐには食べずに自宅でしばらく保存することをおすすめしました。

最終回の次回は11月19日(日)の予定です。
次回は落花生の収穫の他、今年も頑張ってくれた畑の片づけを予定しております。
ぜひご参加ください。

農園企画マネージャー<T.M.>

Pocket