東北おでかけ農業探検隊<稲刈り> =青森県六戸町=

台風が近づく10月21日(土)、青森県六戸町の目時農園さんにお邪魔して稲刈り体験をしてきました。

しかし、前日から降り続く雨で、稲が濡れて楽しみにしていた稲刈りが出来ない状態。
なので、室内で出来る作業、精米(籾すり)作業に内容を変更して、米農家さんの作業を体験しました。

コンバインなどで刈った稲(籾)は、乾燥機で乾燥した後、脱穀・精米され、私たちの元へ届けれられます。

まずは、目時農園さんにある大きな乾燥機と籾すり機を見学した後、お米の説明、袋詰め作業のレクチャーと進んでいきました。

大きな乾燥機
籾すり機の説明

農協などへ出荷する供出米の説明
水分は15%以下と決められている
米にヒビ(胴割れ)が入っていないか反射鏡で確認
袋詰め作業のレクチャー
ベルトコンベアーのデモンストレーション

一通りレクチャーが終わったところで、籾すり機を動かして、作業開始。
乾燥から出した籾は太いホースで運ばれ、その籾を籾すり機に送ります。

 
籾すり機に入った籾は、籾殻が取り除かれ、さらに食用となる玄米と青米など未熟米に分けられます。
籾すり機の中に入った籾は、殻が剥かれる
脱穀された玄米
さらに、機械で食用となる玄米と未熟米に分けられる
青米などの未熟米は家畜の飼料用となる
玄米の袋詰め
1袋30kgの玄米
米袋は規則的に並べます
大量の米袋

慣れない作業に、籾すり機のスピードにちょっと慌てる場面もありましたが、みなさん交代しながら楽しんで作業をされていました。
 
籾すり作業が一段落した後、目時農園さんのご厚意で、本当は雨に濡れて出来ないと言われた稲の手刈り体験も数株ずつでしたがさせていただきました。

作業を終えた後はお楽しみの昼食。
目時農園さん恒例のバーベキューです。
牛カルビに豚ロース、レバーにハツ、鶏のコニク、ソーセージ、野菜に丸ごとヤリイカ、そして天然の鮎と、今回も豪華なバーベキューです。

目時農園さんのお母さん手作りの、天然のナメコを使ったなめこおろしも絶品。
最後は、お約束の味噌おにぎりで大満足の昼食でした。

昼食の後は、乗れなかったコンバインを地上走行だけでしたが試乗したり、誕生日の隊員さんがいたのでサプライズで用意してくれていたバースデーケーキを食べたり、楽しい時間を過ごして、お開きとなりました。

今回はあいにくの雨で、肝心の稲刈り体験ができませんでしたが、私たちには普段目にすることが出来ない農家さんの陰の仕事を体験できた貴重な回でした。
改めて、田植えからスタートして稲刈り、籾すりと、農家さんのたくさんの手間暇で私たち消費者のもとへ美味しい米が届くんだなぁと感じました。
来年はぜひ、稲刈り体験のリベンジをしたいと思います。
今年も田植えから、稲の管理、そして籾すり作業と、目時農園さんにはお世話になりありがとうございました。
 来年もよろしくお願いいたします。

<農園企画マネージャー T.M.>

Pocket