“The Home of Snow Whites” The Story Begins!


One summer day, two little girls were lying on the bank of a river, watching nubby little clouds floating in the blue sky.  A sudden strong wind rushed through their cheeks when one of the clouds turned into the shape of an apple. They cried in chorus, “I wonder if there is a snow white in Japan.”  This was the very beginning of the drama God gifted with them.

Years passed, and they were no longer little girls. They had gone through many ups-and-downs of life. They also had found out and learned as much. Like a glass being filled with water gradually, there was something growing in their mind too. Looking back, they wondered, “There are really many snow whites in Japan fast asleep. Love shall wake them up.” What they had done up until then was cultivating good balanced earth for the seeds of love. But they had no idea what to do with it.

One day, they were chatting over a cup of tea. “What if there should be a good witch!” “Why not we be the good witches!!” they cried in chorus. After that, in the depths of a grove of the village shrine, they built “the Home of Snow Whites.” They welcome snow whites from all through the country with the seeds of love.

Awaken, find yourself a step forward with your friends. Sing in chorus happily ever after.

 

ある夏の日のこと、雲がぽこぽこ青い空に浮かぶのを、ふたりの女の子が河原の土手に並んで寝そべり眺めていました。 ほっぺをそよそよ吹く風がスーッと強くなった時、ひとつの雲が林檎のような姿になりました。 「ねえ、白雪姫って日本にいないのかなぁ」 ふたりは同じことを一斉に言ったのです。これが神様のステキなたくらみの始まりでした。 それから何年経ったのでしょう。ふたりは大人になり、楽しい苦しいたくさんの経験をしました。そして同じくらい、たくさんの学びと気づきを得ることができました。だんだんと、カップに水が満ちるように、何かがわかったような気がしていました。 それは、『日本にいるたくさんの白雪姫を、本当の愛で目覚めさせたい。』 ぼんやりとした、そんな想いの種に栄養を与えるための土づくりだったと言う事です。 でもどうしていいのかわかりません。 或るとき、ふたりでお茶を飲みながら、「善い魔女がいてもいいのだよね?!」、すると、もうひとりが「王子様でなくても愛を与えることは出来るよね?!」と。 そして一緒に、 「そういう魔女になればいいんだ!」 それからふたりは、森の鎮守の奥深く、「白雪姫のおうち」を造ることにしました。 ここに訪ねてくる白雪姫たちが、愛でいっぱいになるように。 同じ気持ちの仲間たちと、心を込めてお仕事をしています。 これからもずーと、ずっと。

こうして「白雪姫のオウチ」が始まりました。そしてその中にある『えんがわカフェ・ショップどんぐり』に、一人そしてまた一人、白雪姫たちが訪れるようになりました。

Pocket