春のイメージ画像 夏のイメージ画像 秋のイメージ画像 冬のイメージ画像

現在、放送をお休みしています。
Radio Cafeえんがわ

仙台シティーエフエム RADIO3「Radio Cafe えんがわ」は、
2017年9月末をもちましてお休みに入りました。
沢山の方にお聞きいただきありがとうございました。

番組内容

自然とともに生き、みずからも自然の一部として生きる「自然人」のため情報

二十四節気(にじゅうしせっき)と七十二候(しちじゅうにこう)のお話

2014年11月に宮城県岩沼市二木にオープンした、「じぇるぶ岩沼」と
えんがわカフェショップどんぐり(じぇるぶ岩沼内)」の様子やイベント情報

宮城県名取市高舘にある体験型農園「だてくふぁ~む」の様子やイベント情報

などをお届けしました。

二十四節気と七十二候

番組では毎回、二十四節気(にじゅうしせっき)と七十二候(しちじゅうにこう)についてお話ししています。
大気の状態をしめす「気候」という言葉は、この「節気」と「候」からきています。
番組をとおし、一週間ごとに変化する季節のうつろいを味わっていただけます。

二十四節気

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、古代中国で考案され、暦に取り入れられた「季節の指標」のことです。1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを立春、春分、夏至などの6つに分けた24の期間があります。
季節は太陽の動きが影響しています。しかし、古代より多くの国では、月の満ち欠けを基準とする太陰暦が使われていました。そのため、日数を表す暦と、太陽の運行による「季節の変化」とはズレが生じてきます。
後に、太陰暦を元に閏月(うるうづき)を挿入して、実際の季節とのズレを補正した太陰太陽暦も考案されましたが、年によってはひと月ぐらいずれてしまい、季節の目安になりにくいため、二十四節気という考えが生まれました。

二十四節気、月と太陽のイメージ画像

七十二候

二十四節気を更に約5日おきにわけて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候(しちじゅうにこう)です。二十四節気とおなじく古代中国で生まれました。
二十四節気という名称は、古代中国のものがそのまま使われてきましたが、七十二候という名称は何度も変更されてきました。
江戸時代に入り、日本の気候風土にあうように改訂され、「本朝七十二候」が作られました。更に明治時代に改訂された「略本暦」という本に掲載されたものが、現在は使われています。
七十二候の名称は、気候の変化や動植物のようすが短い文であらわされています。例えば、二十四節気では立春・候は初候・略本暦は東風解凍(東風が厚い氷を解かし始めるという意味)という感じです。
私たちの暮らしでは目にする機会の少ない事象もありますが、おおかたはその時期の「兆し」を伝え、繊細な「季節のうつろい」を感じさせてくれます。

七十二候、季節のうつろい(桜)のイメージ画像

パーソナリティー

ちばっち(千葉浩)

遊・食・学 千の森:代表
えんがわカフェショップどんぐり
:シェフ・店長

コハマヒロミ(小濱裕美)

伊達女(だてのくのいち)プロジェクト:代表
じぇるぶ岩沼:代表
株式会社ジェルブとエスプリ:代表取締役

概要

放送局

仙台シティーエフエム RADIO3(ラジオスリー)http://www.radio3.jp

周波数

FM76.2MHz

放送時間

毎週金曜日
17時30分~18時00分(休止中)

千の森えんがわカフェショップどんぐりだてくふぁ〜むブログFacebookサイトのご利用について個人情報保護方針

Copyright © 2015 All rights Reserved 千の森