カテゴリー別アーカイブ: だてくふぁ~む

初心者向け農業体験 プライマリー農業探検隊 今年も始まります!

気軽に農業に触れてみよう!
 
「プライマリー農業探検隊」は
・農業を体験したい!
・自然の中でリフレッシュしたい♪
・畑作りや安心安全な野菜作りに興味がある!
と思っている人なら誰でも、畑作業ができる身支度だけで、手ぶらで参加できる、初心者向けの農業体験プログラムです。
 
第1回プライマリー農業探検隊を5月6日(日)に開催します。

案内チラシはこちらからダウンロードできます。

今回は「夏野菜元気モリモリ計画」を実施します。
〈主な内容〉

  • キュウリの支柱立て
  • バジル・葉物野菜の種播き
  • ジャガイモ芽かき
  • レタス、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツの苗の定植
 
★野菜の収穫ができる場合は、お持ち帰りいだだけます。
★苗が余った場合は、希望者に差し上げます。ご自宅のプランターなどで育ててみてください。
 
開催時間:午前9時~12時
集合場所:セブンイレブン仙台柳生6丁目店 駐車場…
集合時間:午前8時50分
    (2回目以降の方は直接農園へお越しください)
持ち物:畑作業ができる服装(長袖、長ズボン)、長靴、軍手、帽子、タオル、飲み物、筆記用具
 
※悪天候などにより実施できない場合は延期または中止となることがあります。
 
■参加料金
・1回チケット   3,000円
(小学生1,000円 、未就学児は無料)
・ファミリーチケット5,000円
(1家族で1回ご利用いただけます)
・5回チケット  12,000円
(小学生 4,000円)
 
 
 ※料金には、指導料・土地使用料・農機具使用料・施設使用料・種苗代・資材代・たい肥代・傷害保険料が含まれます。
 
■実施場所
名取市高舘吉田字乗馬93-2(みやぎ生協柳生店から約500m)
 
■募集定員 5名程度
 
〈入門編〉では、指導員と参加者全員が協力し合い、年間を通して同じ畑を協働で作業を行います。収穫できた野菜はお持ち帰りいただけます。ご都合に合わせて参加日を選ぶことができるので、お気軽にご参加いただけます。
 
プライマリー農業探検隊〈入門編〉を修了した方を対象に、ワンステップ進んだ〈実践編〉へ参加できます。
 
〈実践編〉では、各自に割り当てられた1坪ほどの畑で、指導員と連携をとりながら〈入門編〉での作業も体験しながら、個別に作物作りを行います。原則、年間を通しての参加となります。参加者のご家族などで人数に制限なく区画内での体験を楽しむことができます。割当区画内で収穫できた野菜はお持ち帰りできます。
 
■参加申込方法

・「だてくふぁ~む」ホームページからもお申込みできます。

・Facebookページはこちらからどうぞ。

・事前の見学もできます。見学に来る前にお電話でご連絡ください。

 電話:050-3633-3681(担当:千葉)
 
■実施日程(予定)
第2回 5月20日(日)

第3回 6月10日(日)
第4回 7月 8日(日)
第5回 7月22日(日)
第6回 8月 5日(日)
第7回 8月19日(日)
第8回 9月 2日(日)
第9回 9月16日(日)
第10回 10月 7日(日)
第11回 10月21日(日)
第12回 11月11日(日)
第13日 11月23日(金・祝)
 
■東北おでかけ農業探検隊実施日程(予定)
 6月 2日(土) 田植え体験 in 青森県六戸町
 6月10日(日) 梅狩り体験 in 亘理町逢隈
10月13日(土) 稲刈り体験 in 青森県六戸町
11月 4日(日) 芋掘り体験 in 亘理町浜吉田
12月15日(土) りんごがらもぎ体験 in 亘理町逢隈
※「東北おでかけ農業探検隊」は随時募集案内をいたします。別途料金

Pocket

第13回 プライマリー農業探検隊

寒風吹きすさぶ11月19日(日)、今年最後となりましたプライマリー農業探検隊を行いました。

この日は太陽が出ていたものの、山からの冷たい風が強く、ビニールハウスで暖を取りながらの作業となりました。






まず最初の作業は落花生の収穫。

ちょっと収穫時期が遅れてしまいましたが、夏に定植した落花生を掘り起こしました。


やはり、収穫が遅れたためか、ネズミなどに食べられた形跡が多数見受けられましたが、それでもぷっくりとした落花生が出てきました。


採れた落花生は、早速水洗いして鍋に投入!

そう、今回は茹で落花生を食べようと、鍋とコンロを持参したんです。

茹で落花生は、採れたての生落花生でしか味わえない貴重な一品なので、みんなにも味わってもらおうと企画しました。




落花生を茹でている間に、次の作業です。

オクラ、ピーマンなどの撤収。

すっかり枯れ枝になったオクラなどを次々と引き抜いて、マルチも取り除きました。




そうこうしている間に、落花生が茹で上がった模様。


採り残されていたジャガイモがあったので、一緒に鍋に入れて茹でちゃいました。

茹で落花生はほくほくしてとっても美味しく、隊員のみなさんも大喜びでした。



そして、最後の収穫。


聖護院大根、小カブ、水菜、わさび菜、スティッキオ、サンチュと、たくさん採れました。



今年は、8月の長雨で野菜の生育に影響が少なからず出た年ではありましたが、それでもしっかりと根を張り実を付け恵みをもたらしてくれたのは、野菜の力を尊重する自然栽培だからなのかなぁと改めて感じました。



今年は今回で終わりとなりますが、また来年同じ畑で野菜作りに取り組む予定です。

この畑は、来年はどんな顔を見せてくれるのでしょうか?

楽しみにそして野菜の力に助けられ、来年もまたみなさんにお会いできること楽しみに、静かに冬休みに入ります。

だてくふぁ~むさん、今年もお疲れ様でした、そしてありがとうございました。



2018年のプライマリー農業探検隊の予定はこちらです。

詳しいカリキュラムはこちらからダウンロードできます。





農園企画マネージャー<T.M.>

Pocket

第12回 プライマリー農業探検隊

11月5日(日)、12回目のプライマリー農業探検隊を行いました。



今回は、6月に植えたサツマイモを掘りました。

サツマイモは、ひめあやか、安納芋、シルクスイート、パープルスイートロードの4種類。

まずは、ツルの刈り取り。


掘る目印になるよう、少し根元を残し大きく伸びたツルを刈り取っていきます。


マルチを外したら、芋掘りスタート。


シャベルで大きく掘り起こし、ツルの根元を引っ張るとゴロゴロと芋が顔を出し、まさに芋づる式で丸々と太ったサツマイモが採れました。

芋掘り途中、かわいい野ネズミが飛び出すハプニングも!


乾燥を好み湿気に弱いサツマイモが、8月の長雨でうまく育っているかとても心配でしたが、心配を見事に裏切り、今までで一番の芋の太り具合と収穫量でした。




休憩をはさみ、次の作業は玉ねぎの定植。


玉ねぎは秋に苗を植え、翌春の収穫です。

通常の玉ねぎと、赤玉ねぎの2種類を、マルチをした畝に1本ずつ丁寧に植えました。




玉ねぎの定植の後、先月植えたニンニクが順調に芽を出してきたので、追加して植えました。




その後は、撤収作業。

ナス、シソなどを片付けました。




最後は収穫。

水菜、小カブ、ラディッシュ、大根、わさび菜、空心菜、スティッキオを収穫。


青物の他に、最初に掘ったサツマイモももちろんお持ち帰り。

サツマイモは2~3週間ほど置いた方が甘みが増すので、すぐには食べずに自宅でしばらく保存することをおすすめしました。



最終回の次回は11月19日(日)の予定です。

次回は落花生の収穫の他、今年も頑張ってくれた畑の片づけを予定しております。

ぜひご参加ください。



農園企画マネージャー<T.M.>

Pocket