自然の恵みを食す@沖縄

沖縄県では、「伝統的農産物」という言い方がある。それは、”戦前から導入され、伝統的に食されてきた地域固有の野菜”のことだ。いわゆる「島野菜」である。中でも、自然農法(無農薬、不耕起など)にこだわる沖縄の”自然人”の食に触れてきました。

沖縄本島の北端に位置する、国頭村奥地区にある民宿「海山木」(みやぎ)に1泊。無農薬、無肥料、不耕起で栽培した野菜とハーブを使った夕飯メニュー。口に入れると、噛むことが自然に促される。噛む度に、素材の味が深みを増す。

DSC_0164
朝食メニュー。シンプルな中に目の前の畑から摘みたての素材たちがまだ生きている。自然の旨みが噛むほどに増し、満腹中枢を刺激する。

DSC_0171
国頭村の南隣、大宜味村にある「笑味(えみ)の店」のランチメニュー。”種を植えて気長に待ち、大事に野菜を育てる。炊事の度にちょっとずつ収穫してはみずみずしい味覚を食卓にのせる。小さな畑に、台所の神様にいつも手をあわせる”。それを今も自然に、当たり前のこととして続けている”おばぁ”たちのおもてなしのお店です。色彩も豊かで、歯ごたえのバリエーションもあり、五感を刺激する。

DSC_0194
神の島と言われる「久高島」(くだかじま)。古民家の傍らに宿る柑橘の樹。シークヮーサーの小さな命が微笑む。

DSC_0207
南部、南城市にある「ウコンサロン」。沖縄県最大級の薬草農園があり、農園で採れたての新鮮な無農薬野菜とハーブを使ったヘルシーなランチバイキングメニュー。沖縄ならではの鰹出しスープ鍋でハーブ野菜をしゃぶしゃぶ。香りを楽しむ。玄米ウコンカレーに食が進む。自律神経を刺激する。

DSC_0208
南城市玉城にある、山の茶屋「楽水」。”沖縄の郷土料理と自然食にこだわり、肉を使わず、地産地消の野菜を中心に使い本来の沖縄の食の在り方を見つめ、過去から学び未来へ受け継がれる「食」を提供”する懐かしい未来がある店。眼下に広がる環礁の海を眺めながら、食と自然が融合する空間で精神が癒合する。

DSC_0212
那覇市浮島通りにある「浮島ガーデン」。”自然栽培・有機農法に取り組むハルサー(農家)さんの採れたて無農薬やさい達を、心も体も元気になるマクロビオティックの考え方を取り入れ、イタリアン・フレンチ・アジアンなど様々なスタイルで 「島やさい料理」を提供”する店。”沖縄の太陽と自然の恵みをオーガニックワインと共にいただく。化学肥料や農薬を使わず土地の自然の力を最大限に引き出したミネラルたっぷりなぶどうを使った、心地よい飲み口で体にやさしいワイン”。新鮮もずくのピザも、チーズではなく豆腐との極上の相性。

DSC_0179 4.12 5
宜野湾市にある天然酵母パンの店「宗像堂」。”石窯が蓄えた命が生地に伝われば、 パンという、新しい命に生まれ変わる。生まれてきたパン達は、人の生命をそっと支える。口に運べば笑顔がこぼれ、喜びと嬉しさが溢れ出る。 そんな、豊かで、幸せな時間の友となっておくれ。エネルギーとしての生命を完全な形で循環させたい。自らの酵母で。自然界で最もエネルギーが高く、どうか最高のバランスを”。こんな想いが触れ合い、伝わり合う空間。出会いが縁になるおもてなし。

DSC_0174 DSC_0175 DSC_0177

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です