第9回 プライマリー農業探検隊

9月17日(土)、9回目のプライマリー農業探検隊を行いました。
この1週間雨続きで実施が危ぶまれましたが、隊員さんのやる気が通じたのか雨も降らずに畑仕事が出来ました。
そして今回は、新しい隊員さんファミリーも参加され、お子さんが総勢6人と、いつも以上に元気いっぱいな回となりました。

最初の作業は、前回と同じく収穫の終わったズッキーニとトマトエリアの撤収。
夏の間、たくさんの実を付けてくれたズッキーニ、トマトに感謝しながらの作業です。
9-17-1
続いては、オクラとナスの葉をかく作業。
葉がたくさん茂ると、実に栄養が行きにくくなるので、古い下の葉を落とす作業です。
ちびっ子たちも、お父さんお母さんに支えられながら、はさみを使ってお手伝い。
下の葉が落ちて、オクラもナスもすっきりしました。
9-17-2

休憩をはさんで、サニーレタスの定植と、大根、聖護院大根、ラディッシュ、小カブ、水菜や小松菜などの葉物類の種まき。
ちびっ子たちも進んで参加。
連日の雨で、作っていた畝の土もカチカチに固まっていたんですが、やり方を教えたら、兄弟で協力しながら器用に溝を作って種をまいていました。
9-17-3
最後は収穫。
今回は夏野菜と秋野菜のはざまで、あまり採れるものがないと思っていたのですが、いざ収穫を始めると結構な量が収穫できました。
9-17-6
次回は10月2日(日)。
サツマイモの収穫にはまだ早いですが、枝豆の秘伝がそろそろ収穫できるかもしれません。
今回初参加の仲良しファミリーは、親子で野菜の手入れしたり、土いじりしたり虫取りしたり、畑中駆けまわっていっぱい楽しんでました。
プライマリー農業探検隊は、普段経験できない思い出づくりにも一役かいますので、お気軽にご参加ください。

<農園企画マネージャー T.M.>

Pocket