第7回 プライマリー農業探検隊

8月16日(日)、第7回目のプライマリー農業探検隊を実施いたしました。
前回は酷暑の中の作業でしたが、今回は暑さもだいぶ和らぎ、雲から時々太陽が顔を出す、農作業にはちょうど良い回となりました。
まず最初に、オクラの葉の剪定。
オクラはどんどん背が高くなるので、下の葉っぱを取り除くことで、一段と成長し実や新しい芽がどんどん出来てきます。
8.16  (2)
次の作業は、秋野菜の作付スペースを作るため、これまでたくさんの実を付けてくれたズッキーニ、キュウリ、トウモロコシがそろそろ終わりになってきたので、根っこから引っこ抜いて後片付け。
8.16  (3)
抜いた根や茎は、堆肥にすべく堆肥置き場に積み上げ。
片づけながら、種用に育てていた加賀太きゅうりを収獲。
ひと夏そのままにしただけあって、通常の加賀太きゅうりと比べるとこれだけ大きくなりました!
8.16  (1)
少し置いて、種を取り出したいと思います。

畑の片づけが終わったら、耕していた畝に大根の種を播き、白菜とレタスの苗作りをしました。

そして最後はお楽しみの収獲!
今年最後のズッキーニ、加賀太きゅうり、黄もちとうもろこし、黒もちとうもろこしの他、たくさんのオクラ、ししとう、なす、タイなす、空芯菜、青とうがらし、トマト、ミニトマト、ピーマン、黒ピーマン、金時草(ハンダマ)、坊ちゃんかぼちゃと盛りだくさん。
みんなで分けて、自宅へのお土産としました。
8.16  (4)
夏の盛りも過ぎ、次第に秋の風景に代わっていく畑。
秋も美味しい野菜が採れますので、これからのプライマリー農業探検隊もお楽しみに!

Pocket