第5回プライマリー農業探検隊

7月6日(日)、5回目のプライマリー農業探検隊を行いました。
ブロッコリーやナス、ズッキーニなどたくさんの苗が出来てきたので、今回は畝作りからスタート。
畝作りといっても、春先に畝を作っていたところやすでに収穫が終わった畝に生えている背の高い草を引っこ抜く作業。
自然まかせの農法なので草も元気いっぱい生えてるんだけど、その草のおかげで、大きな草も女性でも軽々抜けちゃうほど土がしっとりフワフワになってます。
引っこ抜いたたくさんの草も、だてくふぁ~むでは大事な資材。
植えた苗の周りに敷き詰めるとマルチの代わりになって、土の乾燥を防いだり保温をしてくれるんです。雨が多いこの時期には、水はけも良くしてくれます。

苗の定植の後は、お楽しみの収穫!
まだ小さいかなぁなんて様子見だった大根が花を付け始めたので、予定していたジャガイモ掘りを大根掘りに変更!
大根と合わせ、ラディッシュや小松菜、水菜、チンゲン菜も収穫しました。
だてくふぁ~むの野菜たちはすべて「固定種」と言われる種から生まれています。一言でいえば、一つひとつ大きさも形も違う個性派ぞろいの野菜たちです。今日収穫した大根も大きいものから小さいものまでかなり個性的、小さいものはそのまま大根スティックにしちゃえばビールのおつまみに早変わり。
無農薬なので、丸かじりしても安心だし、皮ごと食べると栄養も満点!
今回もたくさん収穫できて、大満足のプライマリー農業探検隊でした。

(農園企画マネージャー T.M.)

7.7 1=苗(画像:タイなす)を植えた周りに、引っこ抜いた草を敷き詰めるとマルチの代わりになります=

7.7 2=葉物は今回もたくさん採れました=

7.7 3=個性派ぞろいのだてくふぁ~むの大根、とズッキーニです=

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です