第3回 プライマリー農業探検隊

6月7日(土)、曇り時々ミストの中、第3回プライマリー農業探検隊を行いました。
仙台地方も梅雨に入り、前日の雨のおかげでカラカラだった畑も潤い、元気がなかった野菜達も一気に緑が濃くなりました。
入門編では、大豆・小豆の豆類と、小松菜、チンゲン菜、ラディッシュの葉物の種播き、トマトとピーマンの苗の定植をしました。
実践編では、第1回の時に播いたラディッシュ、小松菜の間引きや、トマトやピーマンの苗の定植、そして各割当て区画内で栽培している野菜の手入れをしました。元気いっぱいのレタスやエゴマの葉の味見もしていたようです。
5月は雨の日が少なかったため、だいぶゆっくり成長している様子の畑ですが、それでもジャガイモがたくさん花をつけ、マイクロトマトやズッキーニも花をつけ始めてきました。
さやえんどうは、カワイイ実がついてきましたので、収穫も間近!
体験終盤には、ラディッシュ、小松菜、チンゲン菜、ほうれん草の一番畝に育ったものを、大きいものから小さいものまで全採りして、次の種を播く準備をしました。
もちろん、収穫した野菜はお持ち帰り(^^)
今日は、ちょっと足場が悪い中での作業でしたが、これも自然の中での貴重な体験。
あちこち泥だらけになりながらも、笑いが絶えない楽しい農業探検隊でした。

(農園企画マネージャーT.M.)

6.7 1=入門編大豆の種播き風景=

6.7 3=実践編ではラディッシュ、小松菜の間引き=

6.7 4=モンシロチョウの子供、青虫君が葉っぱを食べ始めてました=

6.7 5=全採りした野菜、小さなものもちゃんと食べられます=

6.7 6=みんな笑顔が素敵です=

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です