第21回プライマリー農業探検隊

本日11月8日(土)、第21回プライマリー農業探検隊を実施しました。
もう暦の上では立冬を過ぎましたが、今日も晴天ぽかぽか小春日和で気持ち良い作業でした。
まず最初の作業は、8月から収穫し続けたオクラの畑の整理から。
三か月間元気にまっすぐに伸びたオクラは、高いもので2m近く、茎の太さも5cmを超えるほど。
根も地中に強く張り、汗をかくほどの作業になりました。
次に、そろそろ霜も降りる頃なので枯草で土を覆う作業をしました。
だてくふぁ~むの畑はほとんどの草は枯れるまでそのままです。
枯れた草を集めて堆肥にして、また畑に戻す、自然の循環で野菜が育っています。
以前に収獲を終えた畝の枯草を集め、できた堆肥を入れて耕運機で耕して、レタス、サンチュ、わさび菜の苗を定植、1本の畝には法蓮草の種を播きました。
今日の収穫は、トマト、パセリ、スープセロリ、レタス、トレビス、小松菜、大根など。
シソの採種もしてみました。
本日はマネージャーがタイ出張のため不在でしたが、隊員のみなさんはもうすっかり慣れた感じで着々と作業を進めていました。

 

 

DSC00134
=枯草で土を覆いました

 

DSC00136
=集めた枯草は堆肥になってまた畑へ

 

DSC00137
=できた堆肥を入れて耕します

 

1107
=レタス、サンチュ、わさび菜の苗の定植

 

DSC00141
=トマト、小松菜、レタス、トレビス、パセリ、スープセロリ、大根、そして今年最後のズッキーニの収穫

Pocket