第2回 プライマリー農業探検隊

5月22日(日)、夏を思わせる太陽の下、2回目のプライマリー農業探検隊を行いました。
今回は元気いっぱいの3兄弟も参戦!
畑作業の手伝いをしたり、畔でカエル捕りしたりと、照りつける太陽や暑さそっちのけで、畑を縦横無尽に走り回っていました(^^)
今回の最初の作業は、ジャガイモの虫取りと土寄せ。
ジャガイモは、種芋の上にしか新しい芋が出来ないので、ある程度幹が成長したら畝を高く盛り上げることも重要な作業。
慣れない鍬使いにところどころ手直しされる場面もありましたが、しっかりと土寄せが出来ました。

二つ目の作業は、サツマイモの苗植え。
苗の植え方、「横植え」「船底植え」「斜め植え」「垂直植え」のレクチャーを受けた後、収量もあり芋の大きさもそろう「斜め植え」で植え方開始。
品種は、一般的な「紅あずま」、新しい品種の「シルクスイート」、紫芋の「パープルスイートロード」、焼き芋にしたら最高の「安納芋」、イモではなく栄養豊富なツルを食するというだてくふぁ~む初の試みの「翠王(すいおう)」の5品種。
ちびっこ達もシャベルを持ってしっかりとお手伝い。
5.22  (2)5.22  (3)
休憩をはさんだ後、トマトの雨よけ用に支柱立てとビニール掛け。
トマトは雨に当たると割れたり腐ったりすることが多いので、雨をよけることで立派なトマトが出来る見込みです。
5.22  (4)
雨よけのビニールをかけたところに、トマトの苗も定植しましたよ。
苗を植えたところは、持参のぞうさんじょうろが大活躍!
5.22  (5)
今回植えた苗は、大玉の「ポンテローザ」、ミニトマトの「ちびっこトマト」、マイクロトマトの「イエロートパーズ」の3種類。
トマトはこの他に、縞模様がきれいな「レッドゼブラ」、赤いマイクロトマトの「ワイルドチェリー」、紫色の「紫トマト」の苗も作ってます。
実践編の方々は、雨よけはしませんが、トマトの苗が倒れないよう早速支柱を立てていました。
5.22  (6)
次は、種まき。
予め作っておいた畝に、わさび菜、小松菜、チンゲン菜、サンチュ、空芯菜、水菜、紅水菜、スティッキオ、ルッコラの種をまきました。
5.22  (7)
最後はお楽しみの収穫!
ちびっこ達は、どっちがより大きいラディッシュが採れるか競争してましたが、さてどちらが大きいでしょうか!
5.22  (8)
今回収穫したのは、ラディッシュ、わさび菜、小松菜、チンゲン菜、スティッキオ、ルッコラ、紅水菜、サニーレタス。
回数を増やすごとに収穫できる野菜も増えてくるので、隊員さんも大喜び\(^^)/
5.22  (9)
そして今回、畑の大家さんのご厚意で裏の竹林でタケノコ採りもしました。
時期的にはちょっと遅めなので、もしかしたら硬めのタケノコかもしれないけれど、それでもみなさんはしゃぎながらタケノコ採りを楽しんでいました。
一番大きなタケノコは、ちびっこファミリーチームでした(^^)v
5.22  (10)
今回は暑い中の作業となりましたが、まめに水分補給をしながら、最後まで笑顔で作業できました。
なにより、畑を楽しむ子供たちの笑顔と笑い声が大きな活力になりましたね。
何をしてるのか分からないながらも、大人の真似をしながら土に親しみ、野菜が成長していく過程を自らの目と体で感じていくことが、勉強のひとつにもなると思います。
だてくふぁ~むは、化学肥料も農薬も使わないので、お子さんでも安心して土いじりが野菜いじりが出来ます。
もし、ご興味がございましたら、遠慮なくご参加ください。
次回は、6月19日(日)の予定です。

また、6月4日(土)は青森県での田植え体験、6月12日(日)は亘理町で梅狩りと、名取市の畑を飛び出して「おでかけ農業探検隊」も実施いたします。
こちらもまだ参加受付中ですので、どしどしお声掛けください。

<農園企画マネージャー T.M.>

 

 

Pocket