第10回プライマリー農業探検隊

第10回プライマリー農業探検隊を11月9日(土)に実施しました。

雲一つない青空が広がる最高の秋晴れに恵まれました。

秋保の周りの山の木々も彩が深まりましたが、こうした日本の四季の移り変わりは、作業の途中にふと何気なしに顔を上げたときにいつも目にする光景です。

この色合いも直に白銀の世界へ変わっていくのかと思いを馳せ、太陽から降り注ぐ暖かいエネルギーをたくさんいただきながら、芋堀り作業にいい汗をかいた探検隊のみなさんでした。

活動の様子はfacebookにも掲載中です!


9:30-12:00

今回は秋保で微生物堆肥農法栽培を行っている、中野正幸先生の畑の芋堀り作業です。
まずは、里芋についての講義からスタート。

1ki_10kai_1

里芋から始めます。
まずは上に出ている葉と茎の部分をカマで切り落とします。
茎の中はかなり水分があります。

1ki_10kai_2

マルチングのシートを取り除きます

1ki_10kai_3

スコップを使って里芋の根の部分を掘り起します。
結構力仕事です。汗が・・・

1ki_10kai_4

里芋の株です。保存するときはこのまま土のついた状態がいいそうです。

1ki_10kai_5

作業を分担して、三畝あった里芋もおよそ1時間で掘り起し完了。

1ki_10kai_6

ひと休みしてから、次はヤーコンの収穫です。
まずは里芋と同様、上の葉と茎の部分をカマで切り落とし、マルチングのシートを取り除きます。

1ki_10kai_7
スコップで根の周りを少しずつ掘り起し、ヤーコンに傷がつかないように気をつけながら、手作業でやさしく掘り起こしていきます。大きすぎる~一人じゃ無理!

やっと抜けた!

1ki_10kai_9

ヤーコンさんたちが登場!「お目覚めですか?おはようございます。今日は秋晴れのいい天気ですよ」

1ki_10kai_10

中野先生のヤーコン講義がスタート。
この少し赤くなっている部分が種芋になる部分。
今年は異常気象で暖かいせいか、すでに芽が出てしまっているのもあるそうです。

1ki_10kai_11

探検隊のみなさん、芋堀り作業お疲れさまでした。「はい、ヤーコン!」

1ki_10kai_12

12:00-13:00 農家さんの手作りランチ

畑作業の後は、中野先生の奥様、ご近所の農家のみなさんの手料理をいただきました。
これ全部畑でとれた新鮮食材で作ったものです。
無農薬食材は、その育った土の力がそれぞれの素材の良さを最大限に引き出してくれています。

1ki_10kai_13

無農薬の新米の塩むすび。シンプルな中に深い味わい。
一粒一粒が元気にキラキラ光っています。
栗と小豆のおこわも自然が香るおいしさ。

そして、お母さんお手製のお漬物。自家製の塩麹で和えたヤーコンが最高です。

1ki_10kai_14

採れたて里芋のにっころがし。里芋の味がわかります。
自家製の味噌に畑の恵みがたっぷり入った芋煮汁。心も体もホット一息の一杯です。

1ki_10kai_16

中野先生が栽培しているアロエベラをいただきました。中のヌルヌルを肌に塗ると、なんとお肌ツルツルに。

1ki_10kai_17
このネバネバ成分が効くんですね。

中野先生特製のアロエジュース製作中。ミキサーでハチミツと合わせます。
健康長寿に毎朝1杯だそうです。

1ki_10kai_18

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です