柿で自然素材の糖分を、大根でビタミンCを!

このブログ記事では

旬の野菜を食べて

気持ちが喜ぶ、身体が喜ぶ、そしてお口が喜ぶ

笑顔があふれる食卓へ

役に立つ情報をお届けしていきたいと思っています。

第1・3水曜日にFMラジオ3『マイタウンレディオ』(午後3時~)で

野菜ソムリエ上級プロ三浦まさみさんの野菜のお話からお役立ち情報を紹介します。

 

【11月1日(水)】放送から

◆自然の素材で糖分を

これからの時季は柿が旬です。

柿はもちろんそのままいただくのもいいのですが、干し柿は糖分がギュッと凝縮されています。秋冬の自然素材の糖分として重宝します。ただし食べ過ぎて糖分の取り過ぎには注意しましょう。

 

◆渋柿の渋抜き方法

渋柿の渋抜きは、焼酎に漬けるのはよく聞きますが、もっと簡単に塩水を使ってできます。塩水は水に対して3%の塩で作ってください。塩水に漬けておくだけでとっても甘い柿に仕上がります。2~3か月保存できます。

さらに、大人の味に仕上げたいときはホワイトラムを使った渋抜きを是非お試しください。

 

◆大根でビタミンC

これから冬に向けては自然の素材からのビタミンCがなかなかとりにくい時季になります。そこで、この時季おススメの野菜は大根です。大根にはビタミンCが含まれているのにプラス殺菌作用もあります。これから旬を迎える牡蠣(かき)を大根おろしで洗うという方法もあるんです。

 

◆今日のまさみさんの話を聞いて思ったこと

大根おろしはちょっと辛くて子供には・・・というときは、干し柿を刻んでちょっと糖分をプラスしたり、まさみさんが紹介していたように、それに酢をちょっと加えてサラダのドレッシングに使ってみるのもいいかもしれませんね。

知っている人もいるかもしれませんが、大根をおろすときに、大根を横に寝かせて繊維に沿っておろすと辛くないおろしができるそうです。子供用の大根おろしドレッシングはこれでOK

Pocket