東北おでかけ農業探検隊~田植え支援隊 in Rokunohe!

6月1日(日)、仙台/名取を飛び出して、青森県六戸町の稲作農家で田植えのお手伝い! 真っ青な青空の下、初めて田植えをする人そうでない人、泥んこまみれになりながら1反歩の田んぼに苗を植えてきました。 農家さんに着いたら着替えを済ませ、まずは稲の苗がどういうところで育っているのか、苗代見学。 苗代を見学した後に、軽トラックに苗を積んで、田んぼに移動。 田んぼに着いたら、農家さんの指導の下、苗箱から苗を1株1株抜いて、腰かごを満杯に! 自分の腰かごがいっぱいになったら、いよいよ田植えのスタート!! 予め線が引いてある田んぼに入り、一列に並んでヨーイドン! 慣れない泥んこに足を取られ悪戦苦闘しながらも、笑い声が田んぼに響く楽しい田植え! 田んぼの半分くらいでちょうどお昼になったので、青空の下、農家さん手作りの昼食タイム! みそ焼きおにぎりに豚汁、フキの炒め物、ゲソとマイタケの天ぷら、春雨サラダにお漬物と、決して豪華ではないけれど、ひと仕事終えた空きっ腹にはありがたい心のこもったご飯。 昼食の後、農家さんとおしゃべりしながら少し休憩した後、午前に植え残したところから再スタート! 午前で要領をつかんだのか、午後の田植えはみんなスムーズで、午前午後合わせ約3時間で1反歩植え終わりました。 みんなで力を合わせて植えた田んぼに水が入れられ、あとはおてんとさんと奥入瀬の水が、美味しいお米を作ってくれるのを待つのみ! 稲の管理は農家さんにお任せし、次は稲刈り支援隊として、10月の中旬か後半頃、こうべを垂れた稲穂を刈取りにお邪魔したいと思います。 今回田植え体験に協力してくれた稲作農家というのは、実は私の実家です。 (農園企画マネージャーT.M.) 10271051_678267198895615_717238155_o=苗はどうやってできてるの?= 10414304_678267422228926_564871679_o=田植えしやすいように線が引いてある田んぼ= 10426452_678267588895576_242401032_o=苗箱から苗を取り腰かごへ= 10422605_678267918895543_1167497822_o=田植えスタート! あれは誰のお尻かな?= 10433351_678268542228814_1047493874_o=焼きおにぎりおいしそう!= 10426498_678268855562116_134348510_o=田んぼと青空をバックにハイポーズ= 10147956_678269578895377_26059698_o=泥んこまみれの足は田植えの勲章です= 10414345_678269745562027_169736723_o=奥入瀬の水でお米が育ちます=

Pocket

東北おでかけ農業探検隊~田植え支援隊 in Rokunohe!」への2件のフィードバック

  1. 貴重な体験でした。
    ご飯を食べるときは、米一粒残さず食べるだろうな。
    稲刈りが今から楽しみ!

    1. さくちゃんさん、お疲れさまでした。
      東北おでかけ農業探検隊☆秋の自然人体験ツアー「稲刈り体験&紅葉狩り@奥入瀬」を企画中です。
      お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です