芋掘り体験 in 亘理町浜吉田

10月23日(日)、亘理町浜吉田の畑で芋掘り体験してきました。
今回収穫したのは、里芋とさつま芋(紅あずま)の2種類。
まずは、里芋掘りから。
すでに、里芋の茎と葉っぱの部分を農家さんが取り除いてくれていたので、芋を取り囲むようにシャベルを入れ、一気に掘り起こすと親芋子芋が固まって顔を出します。
10-23-110-23-2
農家さんの見よう見まねで、掘り起こした里芋の塊を上から地面にたたきつけると、土が取れると同時にほどよく芋がほぐれました。
さらに手で芋をほぐし、親芋と子芋を分けました。
10-23-3
最後に根を落とすと、お店に並んでいるようなコロコロとした里芋になりました。

次は、さつま芋掘り。
さつま芋は、注意して掘らないとシャベルで真っ二つになってしまうので、用心しながらの作業です。
とはいえ、慣れない芋掘りに、あちこちから「あぁ~、またやっちゃったよ~」などと、感嘆と同時に笑い声が起こり、大変な力仕事も終始笑顔です。
上手く掘り起こすと、まさに芋ずる式、大きなさつま芋が連なって顔を出します。
dsc0031710-23-4
なんと1本1kg以上の大物を掘り出した隊員さんもいらっしゃいましたよ。

里芋、さつま芋とも予想以上にたくさん採れ、参加された隊員さんはホクホク顔で持ち帰っていました。
10-23-5
この浜吉田の畑のある地域は、東日本大震災の前はイチゴ栽培のビニールハウスが立ち並び近くの幹線道路は『ストロベリーロード』とも呼ばれていました。震災の津波によりビニールハウスは跡形もなく無くなり風景は一変してしまいました。そしてこの5年間で行政により海水に覆われてしまった農地が再度整備され、今年ようやく作付けができるまでになりました。今年は試験的な作付けでしたが、来年はもう少し作付け面積を増やす予定だと、持ち主の農家さんが言っていました。
来年も収穫体験楽しみです。

次回の東北おでかけ農業探検隊は、12月18日(日)に亘理町の三品りんご園さんでリンゴのがらもぎのお手伝い。
毎年大人気のイベントで、すぐに募集人数に達するので、参加されたいかたはお早めにお声掛けください。
次はリンゴ畑でお会いしましょう!

<農園企画マネージャー T.M.>

 

 

Pocket