東北おでかけ農業探検隊 =田植え体験 in 青森県六戸町=

6月3日(土)、名取のだてくふぁ~むを飛び出して、毎年お世話になっている青森県六戸町にある目時農園さんの田んぼで田植え体験をしてきました。



今回はあいにくの曇り空でしたが、仙台市から7名、八戸市から親子連れ3名、神奈川県横浜市から1名の計11人が集い田植えを体験しました。

11人中6人が初体験で、初めての田植えにワクワクドキドキ!



目時農園さんに着いて着替えを済ませたら、まずは苗の説明。


  

苗はつがるロマンという青森県で多く植えられている品種で、ハウスや苗床の説明を聞きました。



その後、田んぼに移動して、育苗箱から苗を腰かごに移す作業。


 

腰かごがいっぱいになったら、苗の持ち方・植え方のレクチャーを受けて、横一列に並んで田植えスタート。


 

今回は参加人数が多かったのと、昨年までよりひと回り大きい田んぼを用意していただいたので植える距離が長くなったこともあり、ひとり2列ずつ植えることに。


 

スイスイ植えていく人、泥に足を取られ悪戦苦闘する人、線を引いてあるのになぜか曲がってしまう人、田植え初体験の人も慣れた人もそれぞれ楽しみながら作業が進みます。


 

手植えを終えたらお昼の予定でしたが、雲行きがちょっと怪しかったので、午後に予定していた田植え機体験を先に済ますことにしました。

 おっかなびっくりで田植え機に乗っていましたが、初体験の田植え機にテンションが上がっていました。


 

そして、予定していた作業をすべて終わらせたところで、昼食です。



昼食は、ビニールハウス内でバーベキューです。

牛カルビに焼き鳥、生ラム、豚バラ、ソーセージ、海鮮はホタテ、イカの丸焼き、サンマ、イワシ、そして野菜とバラエティー。


 

手に手に、ビールやノンアルコールビール、ジュースを持って、みんなで囲むバーベキューは話も盛り上がり最高に楽しく美味しかったです。

そして、〆は目の前で焼く目時農園さんのお母さん手作りのみそ焼きおにぎり。


 

お母さんのみそ焼きおにぎりを楽しみにくるメンバーもいるほど、欠かせない〆の一品です。

そして、お腹いっぱいになったところで解散し帰路につきました。



今回は曇り空で少し肌寒かったですが、それでも無事に作業を終えることが出来て良かったです。

初体験の田植えを楽しんで、稲刈りも絶対来るよって言ってもらえたのがなにより嬉しかったですね。

今から10月の稲刈りが楽しみです。

お世話になりました目時農園さん、今回もありがとうございました。

秋までどうぞよろしくお願いいたします。




農園企画マネージャー<T.M.>

Pocket